スポンサードリンク



メールで想いを伝える~告白の仕方 メール編~


告白の仕方には、相手を目の前にして直接する方法と、

電話やメールなどで伝える方法があります。

 

 

その他にも色々な方法があると思いますが、

やはり一番想いが伝わり、良い返事をもらえる可能性が高いのは、

直接相手と顔を合わせて伝える方法だと思います。

 

 

cad05b6ab8638d8b389b73114ebc8ab0

 

しかし、どうしても勇気が出せなかったり、

想いをどうしても伝えたいのに相手に会う時間が取れなかったりする場合は、

メールで告白するのも有りなんじゃないかなと思います。

 

 

ただ、メールでの告白の場合は、受信して読んでから返信するまで、

相手には考える時間がたくさんあります。

 

 

ですので、直接言われた時のように勢いで…なんていうこともありませんので

良い返事をもらえる可能性はどんな方法よりも低いと思います。

 

 

メールで告白する場合、冗談を交えて告白する方法と、

ストレートに想いを伝える方法があります。

 

 

冗談を交えて告白する仕方としては、まず件名に「好き」という言葉を入れます。

「好きです」「大好きだよ」「好きだ」など自分に合った感じでいいと思います。

そして本文には「[芸能人名]が(笑)」のように書いておきます。

 

 

1208072top

 

そこは芸能人だけじゃなくて、食べ物でもキャラクターでもなんでもいいと思います。

そのようなメールを送ると受信したときに、相手が件名を見て、

「えっ?私のことが好きなの?」とびっくりするはずです。

 

 

そしてメールを開いた時に、芸能人名などが書かれていれば

「なんだ。そっちかよ。」とホッとするわけです。

 

 

しかし、その下にはちゃんと「本当は◯◯が好き」など、

本当は貴方のことが好きという気持ちを書いておきます。

 

 

すると、相手はびっくりして、ホッとして、またびっくりしてと、

3段階に気持ちを揺さぶられるのです

 

 

この場合、相手からの返信で「私も好き」と着たらそのまま付き合えばいいのです。

もしダメな場合でも「本当は[芸能人名など]が好きなんでしょ」って

冗談交じりで返ってくると思うので、

そのまま日常的なメールのやりとりを続ければいいのです。

 

 

そうしているうちにまた、再度メールで告白するチャンスが訪れると思います。

冗談を交えたメールの場合は回数を重ねていくと効果的のようです。

 

 

ストレートに想いを伝える方法は、絵文字や顔文字などは使わず、

自分の気持ちを素直に本文に書いていきましょう。

 

 

あまりにも長いと重苦しいと感じてしまい、

相手が引いてしまう可能性がありますので、

長すぎない文で、自分の気持ちをストレートにぶつけてみてください。

 

 

そうすれば、たとえメールでも、相手には自分の想いは伝わります。

 

 

告白は良い返事がもらえるのがベストですが、

まずは自分の気持ちを相手に伝えることが大切なのです。




スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ