スポンサードリンク



恋愛名言【両思い編】


 

恋愛 名言 両思い

 

恋愛は、愛を成就するまでのことを示すのか、

それとも愛を成就してからのことを示すのか、

どちらにおいても恋愛と一纏めに示すのか、

よく分かりませんよね。

恋愛小説の多くは前者を示します。

 

 

愛が成就してからの恋愛はないのか、両思いになったのちの

恋愛における名言を幾つか選出いたしました。

両想いの気持ちを、是非感じてみてください。

 

 

『友情が恋愛になるときには、二つの川のように混ざりあい、

有名なほうが他方の名を吸収する』

出典―スキュデリー嬢。

 

 

この恋愛は、少々酷な部分もあるように思われますが、

事実、これは幸福な両思いの言葉として間違いありません。

二つの川が一つの川になるとき、それは2人の人間が

1つになるのと同様であるということを言っているのです。

 

 

『短い不在は恋を活気づけるが、長い不在は恋を滅ぼす』

出典―オノーレ・ミラボー。

 

 

両想いとは、まさにこれではないでしょうか。

恋の炎に少しずつ息を吹きかけ活気を盛んにし、

強い風がきたときには2人でその炎を守りとおす、

塩梅が大事ということです。

 

 

どちらかが少しでも多く息を吹きかけてしまったら、

炎はふっと消えてしまう、両想いというのは、

そんな不安定なものです。幸福と辛苦は、

同様にして、同時に訪れるものなのかもしれません。


恋愛体質の特徴ってご存知ですか??




スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ